ページの先頭へ

第529回 血液銀行開業記念日(血液バンク)

2024年02月25日

1951(昭和26)年2月26日、献血で集められた血液を集め、必要に応じて輸血用血液として供給する「血液銀行(血液バンク)」が日本で初めて設立された日です。
1951年(昭和26年)のこの日、日本初の血液銀行・株式会社日本ブラッドバンク(後のミドリ十字、吉富製薬と合併する等して現在は田辺三菱製薬)が大阪で開業しました。
血液銀行は、献血等により提供者から採取した血液を保存管理して輸血に必要な血液を確保し、必要に応じて供給する機関で、GHQの指示により設置された。翌1952年(昭和27年)に、日本赤十字社も血液銀行を設立しました。
1960年(昭和35年)8月、東京都にて「第8回国際輸血学会」が開催され、この学会にて「保存血の多量使用は肝炎の多発要因になる」との指摘があり、無理な売血による提供者の貧血問題、日本の保存血の大半が売血によって行われていることを、スイス・オランダの学者から取り上げられ、血液銀行の在り方が強く批判されました。
この批判によりマスコミの注目を浴び、金銭を得るために過度の売血を繰り返していた人たちの血液「黄色い血」への関心が高まりました。1964年(昭和39年)8月、閣議決定により、厚生省は「保存血」は「日赤(日本赤十字社)」と「地方自治体」のみが取り扱う旨を全医療機関へ通知しました。
日本ブラッドバンクは、業績の42%を血液銀行部門に頼っていたが、行政指導により血液銀行部門を廃止し、医薬品部門の拡大に特化した「株式会社ミドリ十字」に商号変更。新社名は、創業以来の社章である「緑十字形」にちなんでつけられたものでした。
日本の献血事情ですが、現在日本では献血を行う人が少なくなってきているそうです。しかしアニメや漫画とコラボをして献血してくれた人にグッズや飲み物を差し上げるなどをして献血を行う人を増やしているそうです。日本ならではですね。
外山

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第528回 大麻とは

2024年02月18日

大麻とは大麻草を加工したもので「マリファナ」「ガンジャ」「ハシッシュ」「ハッパ」などの呼び名があります。大麻草はあまりに繁殖力が強く3~4ヶ月で3~4メートルほど成長します。

実際に日本でも各地に生えており布や縄など様々な繊維として使われています。生命力が強いため「神様が宿る草」と考えられていたようです。つまり大麻は米よりも歴史の長い作物だと言えます。

さらに大麻は食用にも使われていて七味唐辛子や鳥のエサなどにも入っています。

戦後アメリカからの指導によって禁止薬物に指定されました。当時の日本政府は大麻=薬物という認識がなかったため驚いたそうです。なので大麻草の農家を守るために「大麻取締法」をつくり大麻栽培を許可制にしました。しかし化学繊維の発達によって繊維としての需要が減ったことと許可基準が厳しいため昭和29年には37313人だったのが平成28年には37人まで激減しています。そして許可を受けた人でも好きに吸ってはいけません。

大麻の依存物質の主成分はTHC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれるもので大麻草の葉や花穂などを加工して吸います。ちなみにTHCは規制されていますが、これは大麻に100種類以上もある成分の1つに過ぎません。別の成分のCBD(カンナビジオール)はTHCのような精神作用がないためリラックスオイルとして合法に使用することができます。CBDはリラックス効果の他てんかんの抑制をしたという報告もあります。

実際に大麻を吸うとどうなるかというと、まず大麻を使用するとドーパミンが増えますが、覚醒剤とは違い数時間にわたってじんわりとした多幸感に包まれます。さらに感覚が鋭くなるので小さな事にも感動するようになります。そして思考もどんどんスケールが大きくなります。しかしその後、体が重くなり思考が止まってしまうこともあります。また繰り返し使用することで無気力になっていく人もいます。

ただ総じてソフトな効き方なので覚醒剤に比べて使用ハードルも低く世界的にほぼトップで使われる薬物です。世界的には大麻が認められる傾向にありオランダ・イタリア・スペイン・カナダ・アメリカの一部などではほぼ合法化されています。

それだけ合法化されるならなぜ禁止されたのかというと酒とタバコのせいです。そもそもマリファナはメキシコの言葉で「安いタバコ」を意味します。まずアメリカで禁酒法が作られたがすぐに中止されました。しかしそうすると酒を取り締まる警察官が失職してしまうのでかわりになる禁止物を作る必要がありました。タバコは当時多くの白人に消費されていたため貧しく立場が弱かった黒人や貧民層が使用していた大麻(マリファナ)が禁止される事になりました。大麻は他の薬物に比べて害や依存性は低いと言われています。またあまりに使用者が多いため放置すれば非合法組織が儲けすぎてしまうため合法にして政府が管理した方が良いと合法化の動きがあるのです。ただ薬物は薬物なので依存すれば心や生活に悪影響があるので合法な国でも安易な使用はオススメしません。

福田

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第527回 且緩々(しゃかんかん)落ち着いてゆっくり行きましょう

2024年02月04日

現代の私たちの生活は限られた時間に対して消費しきれない膨大なコンテンツに囲まれた生活をしております。

あふれたコンテンツからいかに早急に結果や物事を手に入れるかと考える事が2022年に流行語としてノミネートされた「タイパ」という価値観を重視した生活様式が当たり前になってきました。

 

ドラマやYouTubeなど動画は倍速で視聴したり、倍速でも見てられない場合は動画の山場だけを1分にも満たない時間でまとめた切り抜き動画で消費する。TikTokやYouTube Shortsが流行るのも製作者が現代の消費者を考えた作りとなっているでしょう。

音楽に関してもこの「タイパ」の波が来ております。令和のヒット曲にはイントロの無い曲が多くあります。歌い出しから始まる曲やもっと早いとサビから始まる曲もあります。

音楽のサブスクが普及し、国内外問わず数千万の楽曲をスワイプするだけで聞くことが出来る現代では、スキップされないためにいかに速く聴く人の心を掴むかというタイパという価値観を重視することが不可欠といえるでしょう。

 

且緩々(しゃかんかん)という言葉はこのタイパの時代に逆行する言葉と言えます。

”且”という言葉は「とりあえず」という意味であり、”緩”は「ゆるやか」や「のろい」という意味。

少しでも早く悟りを開こうと矢継ぎ早に質問を繰り返す弟子に師匠である僧が説いたのがこの言葉です。

「ゆっくりやりましょう」と言うのは怠けているわけではありません。焦ることと手を抜かずに取り組むことは違いますし、慌てることと一生懸命なことは違うからです。

現代の速さに流されて焦っていると見落としてしまいそうな事も、この且緩々(しゃかんかん)という言葉で私たちを一旦振り返らせてくれるのではないでしょうか。

 

藤浪

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第526回 昭和基地開設記念日

2024年01月28日

1月29日は昭和基地開設記念日です。
1957年のこの日、日本の南極観測隊が南極・オングル島への上陸に成功し、昭和基地を開設したことを記念しています。
翌年にかけて「国際地球観測年」として世界規模の活動が展開されていて、日本を含む12か国による観測網が展開されました。
現在は、世界の気象観測網の拠点にもなっており、約30名の隊員が1年間観測活動を行う日本の主要基地として、半世紀を超えて維持、管理、運用を続けています。昭和基地には様々な設備が整えられており、インターネットも使えるなど室内では国内とほぼ同じような生活を送ることができます。しかし、屋外は低温と強風の厳しい世界であり、外出の際は必ず無線機を携帯しなければならないといいます。
昭和基地の名は、基地建設が行われた元号にちなんだもので、日本の南極基地としては昭和基地以外にも
みずほ基地
あすか基地
ドームふじ基地
の4基地が展開されています。
南極観測船「宗谷」、飛行機やヘリコプターを使っての調査が行われた。タロとジロの生存(記念日「タロとジロの日」)、宗谷が氷に閉じ込められてソ連船に助けられるなど、多くのドラマがありました。
外山

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第525回 覚醒剤とは

2024年01月21日

日本における懲役者のうち覚醒剤は2番目に多い原因です。特に日本で薬物治療を受ける患者のうち7割ほどが覚醒剤だと言われています。

覚醒剤を打った際の効果は以下の通りです。

まず覚醒剤を静脈に注射するとゾクゾクと冷えるような快感があります。これを寒さのように感じることから「シャブ」と呼ばれる説もあります。快感ホルモンであるドーパミンが過剰に放出され高揚感が生まれます。その結果眠気が減ったり頭が冴えて「覚醒」し仕事や勉強に集中する事もあります。

しかし、それは最初のうちだけで効果が切れればすさまじい疲労感と倦怠感に襲われます。しかもドーパミンはどんどん出づらくなります。その結果薬物の使用量も増えていきます。それでも使用を続けると幻覚や妄想があらわれ錯乱状態になります。

ちなみに覚醒剤はあぶって吸入するという使用方法もあります。この場合注射に比べてソフトに効くため注射に比べて依存しにくいという人もいますが、注射よりも面倒さがないため何度も行ってしまうそうです。加えて量が必要なためお金が高くつき少量で快感を得るために注射に行き着くそうです。よって「シャブ」の由来として「使うと骨の髄までシャブられる」という説もあります。

実は覚醒剤は日本で生まれています。そもそも麻黄という漢方からエフェドリンという喘息の治療薬が生まれました。さらにその課程でメタフェミンという物質ができました。こちらも最初は喘息の治療薬でしたが興奮作用があまりに強く「覚醒剤」として広まったのです。

実際1994年代に「ヒロポン」という名前で市販されています。「ヒロポン」の由来はギリシャ語の「philo ponos(フィロポノス)」こと「仕事熱心」が語源だったそうです。よって仕事のやる気を出すためやうつ病の治療に使われたこともあったそうです。

ヒロポンは戦時中では恐怖を消すために使われ、戦後には軍から大量に流出して多くの覚醒剤依存者が出ました。国は自体を重く見て法律を制定、その結果沈静化しました。これが第一次覚醒剤乱用期です。次は1970年代にオイルショックなどの不況によって収入に困った暴力団が全力で販売を行った第二次覚醒剤乱用期が起こり、1990年代には第三次覚醒剤乱用期が起こりました。

このとき覚醒剤は「スピード」「アイス」「クリスタル」「S」などと呼ばれ、これによってハードルが低くなり広まりやすくなったようです。さらに注射だけでなく「あぶる」吸い方がメインになったため若者を中心に大流行しました。しかし法律や警察の地道な努力によって新規患者数は減ってはいます。ですが減っているのは新規患者のみで一度でも逮捕された人がその後何度も使用してしまうなど年配の依存者が増えています。

覚醒剤は一度でもやったらやめられない魔力があると言えます。

福田

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第524回 『昭和』改元の日

2023年12月24日

  1. 12月25日は「『昭和』改元の日」です。

    1926年(大正15年/昭和元年)のこの日、大正天皇が崩御され、皇太子であった裕仁(ひろひと)親王が新天皇に即位されました。
    これと共に新しい元号「昭和」が制定されました。
    「昭和」の由来は、中国最古の歴史書『書経』にある「百姓昭明、協和萬邦」(百姓(ひゃくせい)昭明にして、萬邦(ばんぽう)を協和す)という一行から上下一文字ずつ取ったもので、国民の平和および世界各国の共存繁栄を願う意味との事です。
    戦前の旧祝祭日では、大祭日の一つ「大正天皇際」(12月25日)といって大正天皇崩御を祀る日とされていました。
    当時、枢密院議長だった倉富勇三郎の日記によれば、宮内省作成の元号案として「神化」「元化」「昭和」「神和」「同和」「継明」「順明」「明保」「寛安」「元安」があったが、数回の勘申の結果、「昭和」を候補とし、「元化」「同和」を参考とする最終案が決定しました。
    一方、内閣では「立成」「定業」「光文」「章明」「協中」を元号案の候補に挙げていました。
    東京日日新聞(現:毎日新聞)は、早くから「新しい元号は『光文』になるらしい」という情報を得ていたため、政府の公式発表の前に「元号は『光文』に決定」と報じました。
    しかし、政府は元号を「昭和」と発表したため、この「特ダネ」は「大誤報」となってしまい、編集局主幹の城戸元亮(きど もとすけ)は責任をとって辞任したそうです。
    「光文」は新元号の候補の中にあり、「元々『光文』に決定していたものが、新聞で先に報道されてしまったため、政府は『昭和』に急遽変更した」という噂が生まれました。
    日本のクリスマス普及にも関係があり、この翌年に休日法が改正されて大正天皇が崩御された12月25日は「大正天皇祭」として休日に。昭和22年まで休日とされ、その間にクリスマスが定着したそうです。
    昭和の時代は日本の歴代元号で最も長く、昭和天皇の在位期間である1926年から1989年(昭和64年)まで。その後、1989年1月7日に昭和天皇が崩御され、今上天皇が即位された翌日に「平成」へ改元されました。
    平成から現在の令和、昔とはだいぶ変わりましたが、一日一日を大切にしていきたいと思います。

今年も残りわずかとなってまいりました。皆様にとってたくさんの幸せが訪れる一年でありますように 。良いお年をお迎えください。
外山

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第523回 増え続ける薬物依存

2023年12月17日

薬物依存症の話を聞くことがあると思いますが、現在患者数はジワジワと増えているそうです。薬物の検挙数は2012年から2021年の間で覚醒剤は年々減っているが大麻については増加傾向にあり全体的には増加する結果となっています。

実際の患者数の統計ではなく検挙人数なのかは、薬物依存症はうつ病や不眠症などとは違いよほどのことがなければ病院には行かないからです。よって検挙人数を大きな目安としているのです。

さらに20歳未満では2014年までは減少傾向だったのが2016年までに増加し、2017年に再び減少したがまた増加傾向にあるそうです。さらに大麻に関しては2012年から2021年間ずっと増加する結果となっています。

これほど薬物使用者が増加した理由としては寂しいからだと言われています。例えばアメリカでは2020年の薬物による死者が前年よりも30%も増える結果となりました。これについてアメリカの医療政策専門家ジョシュア・M・シャーフステイン博士は「コロナの流行で薬物治療の施設やプログラムが機能しなかったからだ」と述べています。加えて外出する機会が減り、孤独による不安やストレスが高まり、薬物に走りやすい環境だったからだと考えられます。

これはアメリカのことだけではなく日本でも同様だったと考えられます。

特に最近ではネットの発達によってSNSで簡単に買えてしまうこともあります。

シャーフステイン博士によればコロナよりも薬物の方が死亡者が多く重大な問題であるとしています。

ではどんな人が薬物にハマりやすいと思いますか。人間の脳にはドーパミンと言われるホルモンがあります。ドーパミンによって楽しさや気持ちよさを感じます。

ドーパミンの働きが弱い人の場合勉強や仕事に集中しづらかったり人間関係をスムーズに築きにくかったりします。そのために普段から孤独や苦しみを感じそれを治療するために依存物質を使いやすくなります。これを「自己治療仮説」と言います。なので誰に何を言われても自分は治療しているだけだなどとして受け入れないわけです。特に薬物は確実な効果が出たり、強烈な刺激があるので普段からドーパミンが出づらい人は落差でさらにハマってしまうそうです。ドーパミンが出づらい人は発達障害やADHDの傾向がある方が多いとされていますが、それは程度の違いでしかないので全ての人が薬物のハマる可能性があるのです。

福田

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第522回 一水四見 見る人によって物事が違って見える事を忘れない

2023年12月10日

一水四見とは同じものでも見る人によって見方が違ってくると言う禅語になります。

人間が水と見たものでも、自在に水上を歩く天界の方々からは水晶に、地獄の亡者からは血の池に、魚類からは自分たちの住処に見えることから、立場の違いでそれぞれの見方が変わると説くものです。

水を眺めるだけで四種類の見方に分かれるのですから、世の中となるとさぞかし多くの見方に分かれていることでしょう。

自分と他者を比べれば、生まれた環境や世代の差もあり、考え方に違いが生まれるのは不思議なことではありません。

しかし、自分と違うその人の考えを少しでも理解することが出来れば、信頼が生まれ、お互い助け合うことが出来ます。自分一人の考えに凝り固まるのではなく、見方や立場によって同じ物事でも、さまざまな姿になるというのを覚えておくことが大事ですね

 

藤浪

 

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第521回 白珪尚可磨(はっけいなおみがくべし)学びに卒業はない

2023年12月03日

白珪(はっけい)とは白く完璧な玉のことを指します。

この禅語は白く完璧な玉であっても磨き続けなさいという教えになります。その分野に関してこれ以上ない知識や経験を得たとしてもそれに慢心することなく、さらに精進しなさいと言う意味です。

 

自分たちは小学校、中学高校そして大学と学校に入学したらいずれ卒業があります。しかし学校を卒業したからと言って学びに卒業はありません。自己の人格を磨き、豊かな人生が送れるように生涯に渡り、学校だけに留まらずあらゆる場所や機会のたびに学び続けることです。

「これで良い」「これで完璧」ということはなく、常に上へ上へ、高みへ高みへと目指していく姿勢や努力をし続けることが大切です。これでいいと思ったらその時点で終わりになってしまうのです。

 

少し古いですが、KREVAの楽曲「かも」では『このままこうしていられるなら他には何もいらないそんな風に思ってしまったなら、終わりが近いのかも』と耳が痛い歌い出しですが、これはまさに白珪尚可磨といえます。

長い人生の中で同じ速さで走れ続けるのは難しいですが、時にゆっくりしたり休みながらでも一歩ずつ進んでいきたいですね。

 

藤浪

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第520回 いい風呂の日

2023年11月26日

11月26日は「いい風呂の日」。「1126=イイフロ(いい風呂)」の語呂合わせから、日本浴用剤工業会が制定したそうです。

秋が深まるにつれて朝晩と昼間の寒暖差も激しくなり、徐々に冷えを感じる人も増えているのではないでしょうか。寒暖差によって自律神経が乱れると、一層冷えを感じやすくなるといいます。
入浴は単に汚れを落とす行為ではなく、体のメンテナンスという意味でも役立つものです。株式会社バスクリンの「チームお風呂博士」のひとりで、バスクリンつくば研究所の石澤太市さんがこの季節に特におすすめしたいのは、「冷え」対策だと言います。
冷えは、血流が悪くなることで生じます。血流が悪くなる原因は、ストレスや不規則な生活、筋肉量の不足など、さまざまです。お風呂に入ると温熱作用、水圧作用、浮力作用により、体がリラックスし、体温が上昇します。全身の血流が良くなるため、さまざまな原因の冷えに対して効果が期待できるのです。
「冷え」に効く3つの入浴法
(1)たっぷりのお湯で温熱と浮力を感じる
お風呂に浸かるときは、温かさとともにゆったりと浮力も楽しむのがよいといいます。
お湯の温熱には血行を促進する効果があります。そして、浮力には、関節や筋肉の負担を和らげ、脳の緊張を緩和させるなど、リラックス効果があることがわかっています。できるだけたっぷりのお湯でゆったり気分を味わいましょう。
(2)ぬるめのお湯にしっかり浸かる
40℃程度のお湯で10〜15分、しっかり浸かりましょう。
朝晩がひんやりとしてくる秋は、少しぬるめのお湯がおすすめです。熱めのお湯に比べて体温の上昇は緩やかですが、緩やかに上がる分だけ体の芯まで温まり、入浴後の体温が冷めにくくなります。
10〜15分は意外と長い時間ですが、額に汗ばむ位を目安にすれば良いでしょう。また、入浴は思った以上に汗をかいて水分を奪われるので、水分補給はしっかりと行いましょう。また、体調に合わせて、無理をしないよう気をつけてください。
(3)半身浴でもOK
湯船に長い時間浸かっているのが苦手な人は、半身浴でもよいそうです。
まず、体を温めるために5分ほど全身浴をします。次に、体を起こしたりお湯を減らすなどして、水面がみぞおちの辺りにくるぐらいにして、15分程度半身浴をします。さらに、この状態で顔を残してお風呂の蓋をすれば、サウナ状態になってより効果的です。
入浴は長く入るほど効果が高くなるというものではありません。入浴剤を上手に活用することも、体を温める点で効果的だそうです。さら湯より効果的に体を温め、浴後もぽかぽか感が続きます。さらに炭酸ガス系入浴剤は血管拡張作用もあり、おすすめです。
寒くなってきますので、毎日のお風呂でゆっくり温まりたいと思います。
外山

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

過去の日記

TEL
0562-93-5561

株式会社 藤榮

〒470-1144
愛知県豊明市阿野町稲葉74-46

TEL:
0562-93-5561
FAX:
0562-93-0211

kitchen@fuji-advance.co.jp