ページの先頭へ

第426回 現代人は栄養失調

2021年10月17日

多くの人は健康的な生活を送りたいと思っているはずです。ですが現代社会の大半は栄養失調に陥っていると言われています。では、免疫力と体力を極限まで高めて健康に生きるためにはどうすればいいでしょうか。

重要になるのは栄養です。

そのために糖質制限を実行している人もいると思います。しかし、糖質制限には重大な問題があります。それは、糖質制限は実行するのが難しい人が多いと言うことです。

糖質制限とは甘いもの(スイーツやフルーツなど)・一般的な炭水化物(米・パン・麺類・芋類など)などの糖質を食べる量を減らすという食事方法です。

なぜ糖質を減らすのかというと糖質を食べ過ぎると血糖値の上下動が大きくなり血管ダメージが増える。すると心筋梗塞や脳梗塞などの他糖尿病などにもなって同時に免疫力も落ちることでどんどん病弱になっていきます。

糖質制限についてはこのような内容になります。

その中でもオススメするのはタンパク質優先型の糖質制限です。

タンパク質は栄養の中でもっとも重要なものになります。タンパク質は体の材料やホルモンのもとになります。実際にタンパク質量が増えると感染症などの病気にかかりづらくなるとされています。

成人なら1日50~60gのタンパク質が必要とされていますが炭水化物中心の食事ではそこまでの量を摂取することが出来ません。タンパク質を取るなら卵などがオススメです。

最初に書きましたが現代社会の大半の人は栄養失調であると書きましたが、正確にはタンパク質が足りていない栄養失調に陥っています。

糖質制限は体に悪いと言われる大きな理由の一つは「米の代わりに豆腐を食べる」「パンや麺の代わりにこんにゃくに置き換えている」などのカロリー制限を一緒に行ってしまうからで、糖質を減らしてもタンパク質の摂取量は増えるわけではないので栄養失調になってしまうからでもあります。

なので、タンパク質を優先して食べることが大切になります。

肉や卵料理などの多く食べればその分米などの炭水化物の摂取量を減らしながら満足度高い食事をすることが出来ます。

糖質制限と聞いて糖質を完全に取らないようにする人もいますが、完璧にこなそうとすればストレスも溜まり満足のいく食事が出来ず、結局さらに糖質を欲してしまいます。

糖質を絶つと考えるのではなく、タンパク質を多く摂取すると考えながら食事をしていけば栄養失調になることなく免疫力を高め、健康的な生活を送ることが出来ます。

福田

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第425回 ドローン配達

2021年10月11日

ウイングは10月6日、ショッピングセンターの屋上をドローンの発着場所として活用する、世界初のデリバリーサービスの立ち上げを発表しました。モールの屋上からドローンを飛ばし、顧客の自宅に商品を配達するそうです。 配達にかかる時間は通常10~15分で、飛行時間はそのうち2~3分程度とされています。現在配達に使用するドローンは最大1.5kgの荷物を運べる物を使用しています。この取り組みでは今後、既存の小売店のスペースを物流拠点やフルフィルメントセンターとして活用することができ、企業に新たな経済機会をもたらすことが期待されています。このプロジェクトで実施されたほとんどのフライトが数分で終わるため、温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいまま配達することが可能だそうです。

 

山盛

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第424回 神無月

2021年10月02日

神無月とは10月の別名です。こういった別の呼び名を、和風月名といいます。神無月の由来はいくつもの説があり、もともと「神の月」という意味や、「かみなしづき」から転じた読み方で、雷がないという意味の「雷無月」などがあります。その中でも最も知られているのは、出雲大社に神様が集まるために各地から神様がいなくなるからという説ではないでしょうか。出雲地方では古くから神無月を神在月と呼んでいます。出雲大社に集まった神様たちは、その年にあった出来事の報告や人の運命や縁などについて話し合っているといわれています。会議の場ではほかにも来年の天候や農作物や酒の出来などについての協議も行われていると考えられているそうです。

10月となり今年も残り少なくなってきました。私自身もそろそろ来年の目標などを考え始めるとともに、今年の残り3ヶ月弱を健康に楽しく過ごせるように生活していきたいと思いました。

岩瀬

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第423回 女性ドライバーの日

2021年09月26日

1917年9月27日、栃木県在住の渡辺はまさん(当時23歳)が自動車運転免許試験に合格、日本女性初の自動車運転免許証を手にしたことに由来。
元々は栃木県に住んでいたそうですが、免許を取得した年である1917年には東京へ上京して自動車学校へと入学しました。4月に自動車学校を卒業してからは自動車商会で運転見習いを続けて運転技術に磨きをかけたそうです。そして、しっかりと運転技術を身に付けてから自動車試験を受けたのですが、 渡辺さんの技量は大したもので、試験官も驚くほどの腕前だったそうです。
もちろん渡辺はまさんは自動車試験を一発で合格して、見事に日本人女性としては初の運転免許を取得することとなりました。現在はAT限定の免許がありますが、当時はマニュアル車の免許しかなかったでしょうし、免許取得のハードルは現在より高かったかもしれません。
自動車保険金の請求状況からみると、女性が2倍の確率で追突事故を起こしています。また、運動協調性と空間認識に関係して、駐車が苦手な女性が多いとの研究結果もあるようです。
日本では免許を取る際には仮免許を取得した後に本免許を取得するといった流れになっていますが、日本の運転免許制度は免許が取得しにくいと言われています。そもそも海外では運転免許制度はどうなっているのでしょうか。
運転免許なんていらないという国があるんじゃないの?と思われる人もいるかもしれませんが、残念ながら運転免許がいらない国は存在していないそうです。
しかし、免許なんか取らずに車を自由に運転しているという国は存在しているそうです。なぜなら、そもそも無免許の取り締まりが行われていないため免許を取得する必要のない国や、日本のように全員が読み書きを習得しているわけではないので、試験を受けても合格しようがないことから免許をとらない人が多い国などもあるからです。そのような国では保険として免許を必要とする人も多いので、自動車学校に賄賂を支払って免許を取得するという事もあるそうです。
男性、女性問わず、ハンドルを握ったら、運転に集中して安全運転を心掛けるようにしましょう。
外山

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第422回 アニマル・セラピーとうつ病

2021年09月19日

アニマル・セラピーとはペットなどの動物と過ごすことによって精神的に穏やかになる治療のことを言います。

2017年の日本の調査ではペットを飼っていると答えた人は39.8%と半分近くの人がYESと回答しています。ちなみにここでのペットとは犬・猫の他に魚類・鳥類・爬虫類・両生類・昆虫なども含まれています。

メンタルクリニックには今まで数十万人の患者さんが診察に来ていますが、お話を聞く限りペットを飼っている人はそこまで多くないそうです。だいたい10%もない印象だそうです。もちろん明確な統計ではないので断言は出来ませんが、ペットを飼うこととメンタルが安定する、この二つには強い関係性があるように思えます。

ペットと安定の関係ですが、まずはそもそもペットを飼う余裕がある人はうつになりにくいと言う可能性が考えられます。逆に純粋にペットを飼うことでうつを防ぐ効果があると言う可能性もあります。

動物がメンタルにいい理由の一つ目は「一緒の時間」です。そもそも人間は社会的な生き物であるので孤独になることは何よりも苦しみです。よってパートナーなど共に過ごせる人がいることが望ましいのですが、時に人間関係は難しくかえって苦痛を抱くこともあるでしょう。なのでペットを飼えば孤独を感じず生活ができます。

二つ目は「世話」です。動物は必ず世話を必要とするもので、人間は他社に貢献することで幸せを感じられるものです。なので、動物相手でも世話をすることで相手から必要とされていると思え、充実感を抱く可能性が大です。

三つ目は「運動」です。まず運動にはうつを防ぐ効果があります。実際にハーバード公衆衛生大学院の研究で週4時間の運動でうつ病リスクが17%低下するそうです。とはいえ日常的に運動が継続できる人ならそもそもうつになることはありません。もし継続的に運動が出来ないならばペットを飼うのオススメします。ペットがいれば散歩をする原動力になりますし、さらに散歩さえ続ければ気持ちも明るくなります。

これらの理由からペットを飼うことはうつに良いとされています。

もしペットを飼うことが出来なければ、人間と過ごしたり、芸能人やアニメキャラなどの二次元の存在でも構いません。遠い存在や空想の存在であってもそこに愛を注ぎ夢中になり一緒とも思える時間を過ごす。その充実感に実際の人間となんの差もありません。

 

福田

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第421回  同時多発テロ

2021年09月12日

9.11日はアメリカ同時多発テロが起こった日です。今日テレビをつけているとアメリカ同時多発テロに着いてのニュースが多く流れていました。今年で20年が経過したそうです。テロ組織にハイジャックされた旅客機がツインタワーに激突した映像は、当時幼かった私でも覚えています。また、ツインタワーから人々が飛び降りている動画などもインターネットで見かけたことがあります。テロの牲者数は2977人にもなり、その中には、建物内で生存者の救助活動にあたっていた警察官や消防隊員も含まれているそうです。現場で有害物質を吸い込んだり、心的外傷後ストレス障害を発症したりと20年たった今でも事件による健康被害に今も苦しむ人は多くいます。またハイジャックした19人の実行犯たちは、航空機4機に4〜5人ずつ乗り込み、全員死亡しています。様々な考え方や主張が対立することは仕方ないですが、無意味に人の命が失われることはとても残酷なことだなと改めて感じました。

山盛

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第420回 ピクトグラム

2021年09月05日

オリンピックの開会式以降、ピクトグラムが話題となっています。ピクトグラムとは一般的には「絵文字」「絵単語」と呼ばれ、何らかの情報や注意を示すために表示される視覚記号(サイン)の1つです。主に鉄道、駅、空港などの公共機関で使用され、文字や文章ではなく視覚的な図で表現することで、言語に制限されずに内容の伝達を直感的に行う事ができるそうです。また、現在目にしている「ピクトグラム」の形が世に広まったのは1964年以降で、そのきっかけは日本で開催された東京オリンピックだったそうです。そして、今回開催された東京オリンピックでは、ピクトグラムのパフォーマンスが行われ、日本国内だけでなく海外の反応も高評価が多かったように思います。さらに、日本ではSNS上で日常の場面や子育ての様子、ペットの様子や趣味の場面などをピクトグラムで表したイラストが投稿され話題となりました。いくつかのピクトグラムを見てみましたが、面白さと共に分かりやすさもあるように感じました。文字を使わずに、様々な場面を表すことができるピクトグラムが今後も普及していけば、日本語が分からない方々や文字が見えづらい方々にも情報を伝えやすくなるのではないかと思いました。

岩瀬

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

先延ばし癖を解消できるか

2021年08月29日

衣替えや片付け、連絡や返信、写真の整理や気になっていた場所の掃除、何かの申し込みなど、やらなくてはいけないとわかっているのについつい後回しにしてしまうことがあると思います。

後でやればいいかと思い、時間がなくなったり忘れたりします。

めんどくさくなったり、おっくうになってしまい、ついつい目先のやりたいことをやってしまいます。人間は目の前にある困難から逃れ、刹那的な快楽のほうを選んでしまう生き物だから仕方ないのです。

しかし「早くやらなくちゃ」という思いがあるのでモヤモヤします。

どうしたら先に延ばさないでサクサクと動けるようになるでしょうか。

ここでは先延ばし癖をなおす3つの行動習慣をご紹介します。

・1つ目 先延ばし癖は「3分タイマー」で解消

タイマーを3分にセットして、後回しにしていた簡単な作業をやります。

やってみると3分はあっという間に終わるので、もうちょっとで終わるからやってしまおうと延長して、早く終わらせようという行動に出るわけです。

ストップと言われると続けたくなる効果と、追い込まれると集中力が高まる締め切り効果が働いてくれます。

もちろん、タイマーが鳴ったらそこで中断してもOKです。

・2つ目 先延ばし癖は「チャンクダウン」で解消

チャンクダウンと物事を小さく分解し、具体化することです。

やらなければいけないことを細かく分解すると、すべきことが具体的になり、「まずはこれだけはやってしまおう」という意欲もわいてきます。

・3つ目 先延ばし癖は「思考を手放す」で解消

何かやることが目についたら、あれこれ考えずにとりあえずやってしまいます。

効率よくしようと、常にどちらが優先順位が高いか比較してから行動していると、どんどん脳を疲れさせてしまうそうです。

つい先延ばししてしまう簡単なタスクが細々とある場合、「早くやらなきゃ」「どれからやるべきか」と考えて脳を疲れさせた挙句に、「すぐできるから後でやろう。ちょっとSNSをチェックしよう」となってしまいます。

小さな細々としたことは何も考えずにさっさとやってしまいましょう。

あとあと自分が大変になったり、早くやっておけばよかったと後悔したりしないように、スッキリとした状態で暮らせるように、「すぐやる行動習慣」を身につけましょう。

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第418回 処暑(しょしょ)

2021年08月22日

処暑とは、読んで字の通り「夏が過ぎるころ」という意味を表しています。
処暑の前の二十四節気は立秋で、暦の上では秋になります。 しかし立秋から処暑にかけては例年まだまだ暑い時期ですね。ニュースの天気予報などで「暦の上ではもう秋ですが」と言ったりするのは、このためです。
江戸時代に太玄斎(常陸宍戸藩の第5代藩主松平頼救)が記した暦についての解説書「暦便覧」において「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」と記されています。このことからも、処暑が昔から暑さが静まってくるころとされていたことがわかります。
夏の終わりを表す処暑ですが、2021年の処暑はいつになるのでしょうか。
2021年の処暑は8月23日です。 二十四節気は毎年日付が異なり、処暑は例年8月22日〜8月23日になります。ちなみに2020年の処暑も8月23日でした。
処暑という呼び名はあまりメジャーではないかもしれませんが、昔から処暑の頃は台風が来やすい時期とされていました。二百十日や二百二十日と並んで台風特異日とも称されるようです。
実際のところ統計的に処暑のころには、台風がそれほど多いわけではありません。しかし昔の人たちはこの暦に従って農作業を行ってきました。台風の襲来に敏感だったことが伺えます。
昨今、台風の動きは例年とは違ってきています。現代に生きる私たちも、処暑の時期に台風を意識すれば、備えあれば憂いなしですね。
二百十日や二百二十日と並んで台風特異日とされているほかにも、この時期は激しい夕立が降ることもよくあります。
処暑の時期には、急な雨にも対処できるように折りたたみの傘などを持っておいたり、防災備品や非常食を見直しておくことをおすすめします。
暑さが峠を越えるころ、急な天気の変化に要注意です。
外山

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第417回 話を聞くなら時間を区切れ

2021年08月15日

あなたが誰かと電話などで連絡を取っている際に話が延々と長く続いてしまうことはありませんか。実際に悩みを抱える方は寂しさから電話が長くなることがあるそうです。しかしだからといってエンドレスに話を聞いてしまうとあなたも疲れてしまう上に、相手もあなたに依存してしまい共倒れになる危険性もあります。

なので、電話などで相手の話を聞く際に自然に話を切りつつ相手を満足させる必要があります。

実際、重要ことはただ一つだけで、それは最初の時点で用事があるなどの理由をつけてタイムリミットを設けることです。

このタイムリミットを作ることのメリットは3つあります。

メリットの一つ目は、相手の意識です。理由付けするのは理由があるからしょうがない決して君を軽んじているわけでないと言う意思を伝えるためです。さらにタイムリミットを伝えることで相手に時間内で終わらせようと意識させ少し緊張感を持たせることで時間が延びるのを避けられます。

クイズ番組などでタイムリミットがあるからこそ盛り上がるのと同じ効果です。

二つ目は価値を高めることです。限られた時間の中でも聞いてくれると思わせることであなた自身の価値が高まりよりアドバイスを重視してくれます。

三つ目は切りやすさです。最後に電話を切る際に、最初に宣言した理由を言えば相手も納得してくれやすいので切りやすくなります。宣言なしでいきなり理由を言って切ろうとしても相手からは自分との話を辞めたい理由で言っているんだと思われてしまいます。

また、最初から言いづらいなら途中で後○分などと言うのも効果的です。

時間制限を作るとストレスになるのではと思う人もいるかもしれませんが、かえって時間を設けることで相手も話す内容を選んで話すことになるので集中して会話が出来るので延々と話せる状況よりも満足度の高い会話をすることが出来ます。

しかし、時には時間を宣言してもなかなか応じない人もいるかもしれません。その場合はその人との人間関係そのものを切るべきです。

最初に相手が依存してしまう危険があると書きましたが、実は共依存というものもあります。一見相手があなたに依存して延々と話をしているようで、実際はあなた自身も自分しか相手の話を聞く人はいないからなどのような感情であなた自身が相手に依存している可能性もあります。よってその場合やはり重要なのはとにかく時間を区切るなどで一定の距離を置くことです。

もし、それで相手が独りぼっちになるなどと思うかもしれませんがそんなことはありません。別の人に話を聞いてもらおうとするだけです。

人間とは不思議なもので無限に何かを与えれば無限に喜ぶものではありません。逆に限られた量の方が、ずっとありがたみを感じるものです。

無意味に時間を過ごすのではなく時間を設けて行く方がより有意義な時間を過ごせるので、自分も相手も満足の行く時間を過ごすためにはタイムリミットを設けていくことが大切です。

福田

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
TEL
0562-93-5561

株式会社 藤榮

〒470-1144
愛知県豊明市阿野町稲葉74-46

TEL:
0562-93-5561
FAX:
0562-93-0211

kitchen@fuji-advance.co.jp