ページの先頭へ

第375回 「時間の借金王」と「時間の大富豪」

2020年10月25日

むかしむかしあるところに「時間の借金王」とよばれている男がいました。なぜ時間の借金王とよばれていたのか? それはその男に関わると、なぜだか時間が奪われてしまうからです。

メールを送っても返事がなかなか返ってこないので、こちらはそわそわイライラして時間を奪われます。お仕事をお願いしても「もう少し、もう少し」と言われ、なかなか完成品が届きません。

だから「あの人に関わると時間が奪われるよ」と噂されるようになり、いつしか「時間の借金王」と呼ばれるようになってしまったのです。

時間の借金王。当の本人は、時間を奪おうだなんて思っていません。

メールが来たら「どう返そうかな?」「こんな言い方は素っ気ないかな?」とうんうん考えます。そうこうしているうちにめんどうになって「明日でいっか」と思ってしまいます。気づけばメールは1週間放置され、相手の催促メールがあってから、あわてて返事をするのです。

仕事も同じように、悪気があるわけではありません。「完ぺきな仕事をしよう」「最高の仕事で驚かせてやろう」。そう思っています。でも、完ぺきを求めているとどうしても時間が足りなくなります。「もう少し、もう少し」と締め切りを先延ばししてもらい、仕事を続けます。締め切りを延ばしてもらったからには、下手な仕事はできません。ハードルはさらに上がり、さらに完成が遠のくのです。

さて、隣の村には「時間の大富豪」とよばれている男がいました。なぜ「時間の大富豪」とよばれているのか? それはいつも時間が有り余っていて、たくさんの時間を持っているからです。おまけに時間の大富豪に関わると、時間のおすそわけがもらえます。

大富豪にメールを送ると一瞬で返ってきます。一瞬で返ってくるので、すぐに次の行動に移ることができます。大富豪に仕事をお願いすると締め切り前に仕上げてくれます。だからこちらも大助かりです。

大富豪はてきとうに仕事をしているわけではありません。

現時点で、自分のできるベストの仕事をします。ただ必要以上に「自分をよく見せよう」とは思いません。それよりも「相手をよろこばせよう」という思いのほうが強いので、なるべく早くメールも仕事も返してあげるのです。

仕事にはやりなおしや急なトラブルがつきものであることも理解しています。なので自分が思う「完ぺき」というものは思い込みであり、妄想だと思っています。はなから「完ぺき」は目指しません。それよりも、なるべく早くかたちにして相手に見せてあげようと思っています。

大富豪には、どんどん仕事がきます。どんどん仕事が来るけれど、どんどんこなすので、どんどん時間が生まれます。大富豪と関わると時間に「利子」がついてもどってくるようなものなので、どんどん人も集まってきます。関わりたい人がどんどん増えるのです。

時間の借金王は、関わっている人に返すべき「時間の利子」がどんどん増えていきます。

ふつうにメールを返すのではなく「遅れて申し訳ございません」などの余計な文章を書かなくてはいけません。これも「利子」です。ふつうに仕事を完成させるのではなく、締め切りに遅れたぶんいいものにしないといけないというプレッシャーが生まれますし、なにより仕事相手の時間を奪っているというペナルティもあります。これも「利子」です。

がんばりやさんなのだけれど「借金」の重荷でまいにちがしんどそうです。なのに信頼はどんどん減っていきます。

時間の大富豪は、時間の資産がどんどん増えていきます。
メールはすぐ返すので一行でも嫌がられません。むしろ相手は「早いですね」と喜びます。仕事も締め切り前に提出するので、ちょっとしたやりなおしはあるもののスムーズに進みます。「またお願いしますね」とよく言われます。

もちろん時間の借金はゼロなので軽やかです。時間があるので新しい仕事も受けられますし、チャンスがあったらすぐに飛びつけます。そして、時間とともに信頼もどんどん増えていきます。

「すぐやる」ことをサボって、先延ばししたくなったとき、この物語を思い出してみましょう。あなたは借金王になりたいですか? 大富豪になりたいですか?

本田

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第374回 色彩心理

2020年10月18日

私たちの周りのすべてのものには、「色」がついています。そして、 色には特徴や効果があり、私たちの心や体に影響を与えています。

あなたの好きな色は何色ですか?次の中から選んで見てください。

「白・黒・赤・青・ピンク・紫・オレンジ・緑・黄・茶・灰」

この選んだ色はその人が無意識にそう見られたい願望を表しています。

白:「純粋さ」「清々しさ」をイメージさせます。ですが、白は行き過ぎると高潔過ぎて近寄りがたい印象を与える場合もあります。

黒:感受性が鋭く他人からの指示されるのを嫌う傾向があるとされています。

赤:行動力はあるが、少し感情の動きが激しく情緒不安定になりやすいとされています。また赤は、膨張色とも言われ実際よりも大きく見せることが出来ます。

青:物静かで安定した気持ちを持っていると言われ、上下関係を重んじるとされています。

ピンク:穏やかで安定した気持ちを持ちますが、少し依存心が強いとされています。

紫:高貴なものへの憧れが強い人で、裏を返せば少しうぬぼれが強い人だとされています。

オレンジ:活発だが八方美人。広く浅い人間関係を好むとされています。

緑:保守的。ただ、おしゃべりな面もあるとされています。

黄:知的好奇心が強く、新しいものが好きとされています。

茶:冷静沈着。親分肌だが、お節介な面もあるとされています。

灰:忍耐強い。しかし時に自己中心的な面もあるとされています。

あなたが選んだ色はどのようなイメージを与えるかわかりましたか。見る色により、私たちは元気になったり、落ち着いた気持ちになったり、安心したり興奮したりします。

このように色には、色々な心理があります。もしあなたがこうなりたいと思うときはそうなりたい色を身につけたり、身近に 置いてみると良いでしょう。

福田

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第373回 利を見て而して、其の真を忘る

2020年10月11日

目前の利益にとらわれると、人は皆、自分の本当の立場が分からなくなってしまいます。

 

ある日、中国の聖人である荘子(そうし)が園で鳥を射ようとしていました。しかし、その鳥は、なぜか動こうとしません。よく見ると、その鳥は、カマキリを狙っていたのです。さらに、そのカマキリをよく見ると、ジージーと鳴いているセミを狙っていました。また、そのセミは自分の置かれている状況が分からずに、ただ楽しそうにジージーと鳴いていました。

このように、目前の利益にとらわれると、自分が危険な状況に置かれていることに気づけなくなります。

目前に利益がある時は、自分の置かれている状況を、特に注意するようにしましょう。

また、これからおこなおうとする行為が、どのような結果をもたらすのかをあらかじめ考えた上で行動しましょう。

そうしないと、自分自身に危険が及ぶこととなります。

寺澤

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第372回 音の持つ癒しの効果

2020年10月04日

好きな音楽を聴いてリラックスしたり、波の音や小川のせせらぎを聞いて心を落ち着けたり、音が心理的に心を癒す力をもつことはよく知られています。また胎教のように妊娠中に快い音を聴くことは、赤ちゃんの感性に大きな影響を及ぼすと言われています。最近ではヒーリングミュージックや音楽療法など、こうした音がもつ癒しの面に注目が集まっています。ヒーリングミュージックやクラシックなど、心地よさを感じる音楽には微妙な「ゆらぎ」があります。この心地よさのもととなるゆらぎのことを「1/fゆらぎ」と言います。「1/fゆらぎ」とは、メトロノームの音とラジオの雑音の中間にあたり、規則正しさと不規則さが調和している状態のこと。そよ風や小川の流れ、人の体もこのリズムで動いています。クラシック音楽などにもこのリズムがあり、人間の脳波や筋肉の緊張をリラックス状態に導く働きをしています。この独特のゆらぎが私たち人間には心地よさとなって伝わっているのです。
疲れた身体を癒すのに、自然の中へ足を運び周囲の音に耳をすませたり、クラシック音楽をゆったりと聴いてみてはいかがでしょうか。
加藤

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第371回 言葉が私たちに与える影響は大きい。

2020年09月28日

浴びる言葉によって、人生は変わるなと思う。

人は言われた通りに簡単に形を変えてしまう。

褒められるほど人生は明るいと思ってしまうし

卑下されるほど人生って難しいなと思ってしまう。

『お前は何もできない』と言われ続けて生きること

『お前は何でもできる』と言われ続けて生きること

『お前はブスだ』と言われ続けて生きること

『お前は可愛い』と言われ続けて生きること

自分宛に贈られた言葉って超自分事として受けとるから、浴びる言葉次第で

ああ、私って何でもできちゃうかもしれないってみるみる力がみなぎってきたりする。

逆に負の言葉を浴び続けると

ああ、私って何もできない人間なんだとか
ブスだから可愛い服を着るなんておこがましいとか本気で思ったりする。

わたしは自分の自信を吸い取るような言葉をかけてくる人はとにかく人生に登場させたくないし、友達としても恋人としても選びたくないし、職場にそんな人がいるなら正当な退職理由となる。

(もし自分が仕事で失敗して怒られてマイナスな言葉を貰っているならその職場の人たちは悪くないし、自分が迷惑行為しているだけだから速やかにお互いの精神衛生のために環境を変える)

もうとにかく負の言葉を浴びるという災難を避けて生きたい。

友達とは楽しく話したいし、嬉しい報告をし合ったり褒め合いたい。

恋人には常に可愛がられたい。

仕事ではできるだけ多くの人の役に立ちたいし
ありがとうを受け取りたい。

それ以外にも本などで素敵な言葉に出会いたい。

どうしたらより多くの嬉しい言葉に出会えるか、希望を与えてくれる言葉に出会えるかは
超重要で、これからも『嬉しい言葉』をより摂取できるような楽しい環境にいたいなと思う。

本田

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第370回 人間にとってもっとも大きなストレスとは

2020年09月20日

ある心理実験があります。実験者は学生たちをAとBのグループに分けて性格テストを受けさせました。そしてAとBに全く嘘の結果を教えました。

Aには、「あなたは将来、不注意で事故などによく遭うでしょう。一生に渡って致命的な大怪我を何度もするでしょう。」

Bには、「あなたは将来、友達がほとんどいなくなるでしょう。また結婚したとしてもすぐに離婚し、30代以上まで孤独に生きているはずです。」

この性格テストの後に左右の耳に別々の言葉を流しそれを聞き取ると言う作業をさせました。AとBの正答率はどれくらい違ったと思いますか。

Aの正答率は90%だったのに対してBの正答率は70%だったのです。

つまり、Bの「あなたは孤独になる」と言われた方が「事故に会う」「致命的な怪我をする」と言われたAよりもずっと集中することが出来なかったのです。

すなわち人間にとって何よりも大きなストレスとは「孤独」であり、人間は孤独を感じると大半のことが手につかなくなるのです。勉強中などにケータイやネットサーフィンをしてしまう経験はありませんでしたか。これは誰かとつながり会うことで孤独から脱しようとしている考えからやってしまう行動なのです。

もし、あなたが強いストレスを感じているならば、「孤独だからでは?」と考えてみてください。そして、その場合は電話でもメールでも良いので誰かと話してみてください。仕事中や勉強中などでは、この仕事が終わったらネットを見てもいいと決めたりするのも良い考えです。そうすることで達成感もありますし、その人との会話やメールもより楽しく感じられます。どうしても孤独感が拭えないのであれば、自分の感じている孤独はあなただけが感じているのではなく、他にもたくさんの人が同じように感じているんだと思ってみてください。

日常生活の中でストレスの全くない生活を送ることは難しいことであり、自分の感じているストレスと上手く付き合い生活を送るためにも一人で抱え込まずに誰かとの繋がりを大切にして生活することを心掛けていきましょう。

福田

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第369回 当たって砕けよ

2020年09月13日

物事は、行動して初めて結果を出すことができます。必ず行動が必要です。

しかしながら、実際にはやる前から躊躇して、結局やらないことが多いのではないでしょうか。それではいつになっても何も始まりません。まずは、やってみましょう。

 

たとえば、テーブルの上にひとつのリンゴが置いてあるとします。そのリンゴを移動させようとすると、そのリンゴを押したり、引いたり、手に持ってどこかに持っていくといった、何らかの外部からの力が必要となります。そのリンゴを動かせるだろうかと思い悩んでいても、1ミリたりとも動かせません。

 

これと同じように、思い悩んでいても、実際に行動しなければ、結果が現れないのです。

当たって砕け散ってしまうかもしれませんが、物事を進めるときには、たいてい何らかの壁やリスクがあります。

しかし、それを恐れて勢いを失ってしまうと、かえって乗り越えることができなくなってしまいます。なぜなら、ある程度の勢いがなければ、壁は乗り越えられないからです。

そのため、当たって砕けるだけの気構えを持って、やってみるべきです。うまくいけばしめたものです。捨て身の覚悟で物事にぶち当たっていきましょう。

ただし本当に砕け散ってしまわないように、周到な準備は必要です。

寺澤

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第368回得るは、捨つるにあり

2020年09月06日

日本を代表する靴職人の一人、山口千尋さん。ほとんどの工程を手作業で行うという職人中の職人で、脳裏には常に「挑戦」という2文字が浮かんでいると言います。そんな彼が、イギリスで日本の靴職人としては初の「一流職人」の証である「ギルド・オブ・マスター・クラフツマン」の資格を得たのは26歳のときでした。
しかし、このイギリス留学の前、大手靴メーカーで働いていた山口さんは、ある葛藤を抱えていました。イギリス留学のために退職を申し出ると、会社から1年の休職を進められたからです。そんな時、大きな迷いと葛藤を抱えた山口さんの人生を変える言葉が、尊敬する先輩の口からこぼれました。
それは「辞めればいいじゃないか」と。という言葉でした。
その瞬間、山口さんの脳裏には「得るは、捨つるにあり」という言葉が浮かんだといいます。
これは、「何かを捨てなければ、大事なものは何ひとつ得ることはできない」ということです。つまり、「自分にとって、捨てがたい、大事にしているものを捨てる気があるからこそ、自分にとって本当に大事なものを得ることができる」ということを悟ったのだといいます。
その後、イギリスでの必死な修行生活を経て、一流職人になることができたのは、山口さんが過去の生活すべてを捨てたことがポイントだったのかもしれません。
一般的に「No pain, no gain」、「痛みなくして、得るものなし」ということわざもあるように、何か自分にとって痛みと感じる行為によって、本当に得たいものが得られるということは、人類が過去に得た教訓の一つといえます。
山口さんのように何か大きな分岐点にあるとき、大事なものを手放すことが、大きなものを手に入れる手段なのかもしれません。
加藤

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第367回 日本酒「獺祭」の人気

2020年08月30日

日本酒好きなら誰でも知っている「獺祭(だっさい)」。

日本酒業界が低迷しているなか、獺祭は品薄続出するほどの大人気の日本酒であり、現在は日本国内にとどまらず世界に日本酒の文化を拡げています。

造っているのは山口県岩国市の草深く小川の流れる山あいにある旭酒造です。

杜氏を置かない蔵元としても知られています。

 

獺祭の名前の由来は旭酒造の所在地である獺越(おそごえ)から一字をとって銘柄を「獺祭」と命名されました。

獺祭とは、獺(かわうそ)が捕らえた魚を岸に並べる習性があり、その姿はお祭りをしているようにみえるとか。その様子から詩や文を作る時、多くの参考資料を広げちらす事をさします。

日本文学に革命をもたらした正岡子規が自らを獺祭書屋主人と号したように、「酒造りは夢創り、拓こう日本酒新時代」をキャッチフレーズを掲げ、「獺祭」というブランドが生まれました。

 

以前は”普通酒”を地元で売っていたが、売れてなかったそうです。

「なぜ売れないかを突き詰めていくと、求められている酒とは『酔うため、売るための酒』ではなく、『味わう酒』ではないのか。そのためには酒の質を追いかけていくしかないんじゃないか。それが大吟醸酒だった。」ということです。

 

吟醸酒は玄米の表面から40%以上削り取り、残した60%以下の白米を原料に用いて、低温、長期間発酵させ、特別に吟味して製造した酒。普通より高度な醸造技術を要求されます。大吟醸酒になると、50%以上も削り取ります。

しかも獺祭は酒造好適米の「山田錦」しか使わないという徹底ぶりです。

獺祭はさまざまなラインナップがありますが、特に最高品質と高く評価されているのが「磨き二割三分」シリーズです。精米歩合を23%にするということはお米を77%削るということで、これにはかなりの時間と手間がかかります。

まさに「量より質」を徹底しています。

 

大人気の獺祭も今年の新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、海外からの発注はキャンセルが続き、飲食店の営業自粛等により5月には売上40%になりました。

 

そこで旭酒造は酒米の生産農家への発注量を減らさないようにするために、「山田錦」を食用米として販売をはじめました。全国の獺祭取扱店や旭酒造の通販サイトでも販売しています。

 

さらに消毒用アルコールが足りないということで、「山田錦」を発酵・蒸留して、アルコール度数72%のエタノールを生産、出荷しています。

 

そして7月から9月30日までの飲食店限定の商品を発売しています。

「活気を失くした飲食店を盛り上げる、ひとつのきっかけになれば」という思いだそうです。

 

旭酒造の現社長は「街に出る機会も外で飲む機会も減少するだろうが、外食の機会がこれまで以上に特別な”ハレ”の機会になるのではないか。街に出た際”せっかくならいいものを口にしたい”という消費者は増えるはず。ピンチをチャンスにすべく、原点を大切にした提案を続けていく」といわれています。

「今はコロナだから仕方ない」だとか「じっと今を耐えるしかない」ではなく、自分の信念はブレずにその時代に合わせて違う視点で新しいことに挑戦することは大事だと思いました。

櫃田

 

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

第366回 自分の評価を他人に任せない

2020年08月23日

あなたは他人の評価ばかりを気にして本当の自分を隠したり、良く思われようとして自分の意見を言えなかったりしていませんか。他人からの評価ばかり気にしていると自分らしさを失ったり、本当に自分のやりたいことができなくなってしまいます。

確かにこんなこと言ったら何て思われるだろう。嫌われるかな。周りにどう思われるかな。どう見られているかなとか気になってしまうものですよね。

その一方で、周りにどう思われようと自分の意見を言い、自分らしく生きている人もいます。あなたがもし他人からの評価を気にしすぎて自分の人生を生きていないのであれば、ぜひ一度自分の人生について考えてみてください。

多くの人は期待に応えたいという気持ちを持っています。期待に応えることで自分は認めてもらえた。受け入れてもらえたという気持ちになるから期待に応えたいと思うもの。

ただ、よく考えてみてもらいたいのは、どう頑張っても全ての人に受け入れてもらうことはできないし。好きになってもらうこともできない。だからこそ過剰に期待に応える必要はないし、それによっての評価も気にする必要はないんですよね。

他人の評価を気にするあまりに周りに合わせすぎて無理してしまう。それってちょっと自分が可愛そうじゃないかな。

他人の期待に応えたいと思う気持ちで頑張ったとしても、その評価が思った以上に低い場合があります。そんなときあなたはどんな気持ちになりますか。

本当の意味でのあなたの努力はあなたにしか分かりませんよね。他人の評価など気にしないで自分で認めることです。自分の能力を高めることなどに集中するようにして、他人から評価など気にするは辞めていきましょう。

自分のことは自分で認めよう。

本田

記事を共有するShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
TEL
0562-93-5561

株式会社 藤榮

〒470-1144
愛知県豊明市阿野町稲葉74-46

TEL:
0562-93-5561
FAX:
0562-93-0211

kitchen@fuji-advance.co.jp